蒼の三国志 一騎打ち

蒼の三国志 一騎打ち

蒼の三国志の戦では、敵武将とプレイヤーの武将で一騎打ちで勝負をする場合があります。
戦の列伝と外伝のみで一騎打ちになる場合があり、敵武将との一騎打ちはランダムで起こる現象のようです。

 

一騎打ちは三本勝負で先に二勝した方が勝利となります。
一騎打ちで見事勝利をすると、敵武将を一撃で倒すことができますが、敗北をしてしまうとプレイヤーの武将が一撃で倒されてしまいます。

 

蒼の三国志一騎打ち
一騎打ちでは、画面中央に「タップ」と表示がでたら画面をタップするタイミングで勝敗が決まります。
この「タップ」という表示がでて、タイミングが遅いと敗北になってしまうので、一騎打ち中は画面の真ん中を集中して「タップ」がでた瞬間に画面をタップすることで一騎打ちで勝利をすることが出来ます!

 

武将のHPがMAXでも、一騎打ちで敗北をしてしまうと一撃で倒されてしまうので、特にレアリティがSRでレベルがMAXの武将のときは必ず勝利をするようにしないと、蒼の三国志を攻略するのは困難になってしまいます。武将のレベルを効率良くMAXにする方法があるので、詳しくは蒼の三国志 効率良く合成で武将レベルMAXのページをご覧ください。

 

蒼の三国志の外伝は、新イベントと基本イベントの2つに分かれています。
基本イベントは、踊子が手に入る「三国に舞う姫」、金を大量に獲得できる「強襲!名門袁家」が基本的に毎日や毎週開催される外伝になります。
三国に舞う姫をクリアすると龍玉が1個もらえるので、こまめに戦うようにしましょう。