蒼の三国志 1章 桃園の誓い

蒼の三国志 1章 桃園の誓い

列伝1章桃園の誓いは、蒼の三国志のゲームをなれてもらうためのチュートリアルです。
この章で武将の操作方法に慣れて、蒼の三国志を攻略できるようにしましょう!

1.燕人・張飛、参上!

消費飯:2
勝利条件:張飛を撃退せよ

2.武神・関羽、推参!

消費飯:2
勝利条件:関羽を撃退せよ

3.王の血を継ぐ男

消費飯:2
勝利条件:敵陣をすべて撃破せよ

序幕

プレイヤー名が領内を見回っていると、突然、無骨な将たちがたちふさがった。
「張飛」やい、このあたりにプレイヤー名って奴がいるらしいが、知らねえか?
「劉備」おい張飛(ちょうひ)、失礼だぞ。俺たちは、ここを治める人物に会いたいってだけなんだから。
「小梅」この地の領主様だったらここに…。い、いったい何の御用ですか?
「劉備」おお、あんただったのか!俺は劉備(りゅうび)ってんだ。これでも皇族の末裔なんだぜ。いきなりで悪いが…。俺たちと勝負してくれねぇかな?あんたって人物を計りたくてね。
「関羽」無礼は承知で、この関羽(かんう)とここに控える張飛(ちょうひ)からもお願いいたす。「劉備」とにかく理由はあとだ。関羽(かんう)、張飛(ちょうひ)、用意はいいな?いくぜっ!

終幕

プレイヤー名の戦ぶりに、天賦の才を見出した劉備(りゅうび)らは、武器を収め、態度を改めた。
「張飛」兄者達以外にも俺様の一撃を受け止める奴がいるとはな…。
「関羽」うむ。我が刃を前にひるむことなく立ち向かう勇気、実に見事であった!
「劉備」プレイヤー名、やっぱりあんたしか頼める奴はいなそうだ。いやな、俺たち3人が義兄弟の契りを結ぶ場に立ち会ってもらいたいんだよ。これは俺たちにとって、命にも代えがたい誓いとなる。優れた将に見守ってもらわねぇとな。
「張飛」あっ、兄貴!桃の花が綺麗に咲いているぜ。あの下でやるってのはどうだ?
「関羽」ほう。がさつな張飛(ちょうひ)にしては珍しく風流なことを言う。ならば、ここに誓わん。我ら3人、乱世を治めんがため決起することを!
「張飛」生まれし日時は違えども、願わくば同年同月同日に死することを!
「劉備」飢えに苦しむ民衆を救わんことを!ありがとうよ。プレイヤー名。必ずまたどっかで会おうぜ!